fixedImage
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英文法のおすすめ勉強法は構造と修飾だ!

「英文法のおすすめ勉強法は構造と修飾だ!」

■日本語訳ではなく、構造を考える

今回お話ししたいのは、こちらがメインではないので、簡単にお話しさせていただきますが、

まず、英文法を学ぶ際に、押さえておいていただきたいのが、

「日本語訳にとらわれてはいけない」

という点です。


中学・高校では、試験でも授業でも「日本語に訳しなさい」と言われます。

そのため、「英語がわかること=日本語に訳せること」と思っている方が多いのですが、その考え方は間違いです。

学校で日本語に訳させているのは、

「日本語訳を聞けば、生徒がどれだけ英語を理解しているかわかるから」

であって、決して

「英語を理解するのに、日本語に訳すことが必要だから」

ではないのです。


逆に、日本語訳ですべてを考えてしまうと、混乱の元になり、英語学習に支障が出ます。

というのも、日本語と英語は必ずしも1対1で対応していないからです。

英単語の中には、desperateのように、日本語ではニュアンスを表せない単語や表現が多くあります。

(desperateは「追いつめられている」というか「飢えている」「なりふりかまわない」というようなニュアンスです)


また、英文単位で見ても弊害が出て来ます。

Jack was late for our appointment.
「ジャックはわれわれとの約束に遅れた」

日本語訳を見ると、動詞(V)は「遅れた」つまり、was lateのように見えますが、そうではなく、英語では動詞はwasだけで、lateは形容詞なのです。


これはなぜこのようなことが起こっているかというと、

「ジャックはわれわれとの約束に遅れた」

Jack was late for our appointment.

の直訳ではなく、意訳だからです。

直訳すると

「ジャックはわれわれとの約束に対して遅いだった」

となります。


しかし、日本語としては不自然なので、

「ジャックはわれわれとの約束に遅れた」

としているのです。


このように、日本語と英語は必ずしもそのまま1対1で対応しているわけではなく、日本語訳で考えると混乱の元になることが多いのです。

■英語は合体・変形をする言語

英語を学ぶ際、特に英文法を学ぶ際には、

「日本語ではなく、単語の合体・変形ブロックを理解すること」

が必要不可欠です。


まずはわかりやすい例から解説いたしますね。

teams

という単語があります。これは誰でも知っている単語ですよね。
team(チーム)を複数形にしたものです。


これは1つの名詞です。

「そんなこと誰でもわかるでしょ」

と思うかもしれませんが、では、こうするとどうでしょう。


これに、goodという「良い」という意味の形容詞をつけてみます。

good teams

となりますが、これはどうでしょうか?

「1つの形容詞と1つの名詞でしょ?」

と思うかもしれませんが、英語においては、これを1つの名詞と見るのです。


形容詞というのは、名詞を修飾(意味を加える)する品詞です。いわば、形容詞というのは名詞の衣服なのです。


誰も着ていない服の横に、人間が立っていたら、「服と人間」と2つのものですが、服を着ている人間を指して、

「服と人間」と2つのものとは言いませんよね?

服はもはや人間の一部となってしまっており、「1人の人間」として見られます。


これと同様で、

good teams

teamsだけ

の場合と同様に、「1つの名詞」として見られるのです。


イメージとしては

のように、1つのブロックとして見るのです。


では、さらに、これにveryという「とても」という意味の副詞をつけたらどうなるでしょうか?

very good teams

「1つの副詞、1つの形容詞、1つの名詞の3つ」

でしょうか?


実はこれもそうではなく、「1つの名詞」と見るのです。

副詞というのは「名詞以外を修飾する品詞」です。「名詞以外」には形容詞も含まれます。

つまり、副詞は形容詞を修飾することができるのです。


先ほど、形容詞を服、名詞を人に例えましたが、副詞は服の装備品、例えばワッペンのようなものです。

ワッペンと服がバラバラだったら、「ワッペンと服」と2つのものとして見ますが、ワッペンが服に縫い付けられたら、ただの「1着の服」ですよね。

これと同様に、

very good

goodだけ

と同様に、「1つの形容詞」として見られるのです。


very goodは1つの形容詞、これを名詞につけて、

very good teams

にしたら? 形容詞は名詞の装備品でしかありませんから、これもまた

「1つの名詞」

でしかないのです。


と「1つの名詞ブロック」として見るわけです。

■まだまだブロックは大きくなる

上記の例だけでしたら、「なんだ簡単じゃん」と思うかもしれませんが、これがもっともっと複雑になるのです。

上記でお話したのは、

「形容詞+名詞=名詞」
「副詞+形容詞=形容詞」
「副詞+形容詞+名詞=名詞」

という合体パターンでした。


しかし、英語にはもっと一杯、それも複雑な合体パターンがたくさんあるのです。


代表的なところで言えば、

「前置詞+名詞=形容詞or副詞」
「従属接続詞+文=名詞or副詞」
「疑問詞+文=名詞」
「関係詞+文=形容詞」

などです。


先ほどは、「形容詞+名詞=名詞」のように、

「合体して、立場が上のものが、装備品を吸収する」

ような合体・変形でしたが、

「前置詞+名詞=形容詞or副詞」

のように、

「合体して、まったく別のものに変形してしまうこと」

の方が多いですし、もちろんこっちの方がむずかしいです。


これらが複雑に絡まり合ってくると、

That is an interesting point which could play a crucial role to solve a problem with complications.

なんて長い文ができて来ます。


しかし、実はこの

an interesting point which could play a crucial role to solve a problem with complications

は「1つの名詞ブロック」なのです。


信じられないかもしれませんが、

teams
good teams
very good teams

と英文の構造上は、まったくもって同じものなのです。


このように、英語と言うのは、合体・変形が繰り返されて作られています。

そのため、

「何と何が合体したら何になるのか」
「どこからどこまでが1つのブロックなのか」

を理解できるようになること。

これが英文法を学ぶ上で、非常に大切なのです。


このようにブロックを理解できれば、TOEICなどで英文法の問題が解けるだけでなく、

・リーディングで英文の構造がわかり、真っすぐに読めるようになってくる
・英会話で複雑な英文をしゃべれる下地ができる

という効果があります。

■「分かる! 解ける! 英文法!」ではブロック理解を目指します


「分かる! 解ける! 英文法!」

は、もちろんブロックを理解するスタイルで、一番最初の基礎「品詞」から解説
させていただきます。

「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、「仕事で英会話ができるようになりたい」方、「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、本当にいろいろな方に受講していただいております。


わからないところがあっても、制作者である私に直接メールで質問できるサポート制度がついています。

詳しくは↓をご覧下さいませ。無料サンプルも公開しております。
「分かる! 解ける! 英文法!」


長文最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様、今後とも英語学習がんばって行きましょう!



無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいる無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語真っすぐリーディング講座(名様 締切)
プロフィールをもっと見る